ZEH(Net Zero Energy House)

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス

■ ZEHとは?

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空間・給湯・証明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅のこと。政府では2020年までにZEHを標準的な新築住宅にすること、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指しています。
※一次消費エネルギー:石油・天然ガスや水力など自然界に存在するものから得られるエネルギーのこと。

zeh_img_01
zeh_img_01_sp

■ 平成31年度ZEH補助金

新築住宅を建築・購入等する個人が対象の補助事業

①ZEH

補助金名/ZEH支援事業
補助額/70万円/戸
☆「先進的再エネ熱等導入支援事業」と併願可能

②ZEH+

再生可能エネルギーの自家消費拡大を目指したZEH

補助金名/ZEH+実証事業
補助額/115万円/戸
☆「先進的再エネ熱等導入支援事業」と併願可能

NEW

③ZEH+R

蓄電システムや太陽熱利用温水システムにより停電時のレジリエンスを強化したZEH+

補助金名/ZEH+R強化事業
補助額/125万円/戸 + 下記①②いずれか、又は両方を導入した場合に補助金を加算
①蓄電システムの購入費用
 2万円/kwh
 (上限:30万円又は、補助対象経費の1/3のいずれか低い額)
②太陽熱利用温水システムの購入費用
 【液体式】17万円/戸
 【空気式】60万円/戸

新築住宅を開発する事業者等が対象の補助事業

NEW

④超高層ZEH-M

住宅用途部分が21層以上のZEH-M

補助金名/超高層ZEH-M実証事業
補助額/補助対象経費の2/3以内 上限5億円/年、10億円/事業
※事業期間は最長5年とする

⑤高層ZEH-M

住宅用部分が6層~20層のZEH-M

補助金名/高層ZEH-M支援事業
補助額/補助対象経費の1/2以内 上限4億円/年、8億円/事業
※事業期間は最長3年とする

当社は、下記の通り目標を設定し、ZEH基準の住まいの普及に取り組んでまいります。

平成28年度実績:0% 平成29年度実績:0% 平成30年度実績:0% 平成31年度目標:20% 令和2年度目標:50%

詳細につきましては、こちらをご覧ください。
zeh.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.87MB
ダウンロード